空のいろ

本、映画、TVドラマの感想を書いてます。悪性リンパ腫になってしまいました

抗がん剤治療5回目。薬を飲み忘れてしまいました!

2017.11.
深冬です。
抗がん剤治療も5回目となりました。

抗がん剤の量が増えてから、体の重みも増すばかり。
ベッドから起きあがるのは、食事とお手洗いへ行くときのみと言っても過言ではありまでん。

本当にびっくりなほど、体を支え続けことができないんです。

まあ仕方がないなと思っていました。
私は抗がん剤と相性が悪いんだから、この治療が終わるまでは仕方ない、と。

抗がん剤治療も後1回、年内には終わる。
薬が抜ければ動けるようにきっとなるはず。
どうか車椅子生活から抜け出せますように。

なんて思って、ベッドで吐き気や痛みに耐えていたのです。

が、それ以外で日常生活に支障をきたしていたことに、5回目の治療時に気づきました。

なんと、抗がん剤開始日から飲まなければいけなかった薬を、飲み忘れていたのです。

しかも、5回目の抗がん剤後、前回よりも酷い副作用が出て、吐き気と痛みに苦しんでいる最中も、そのミスに気づいていませんでした。

なんとか体調が酷い状況から脱しつつあったとき、その薬袋に気がついたのです。

自分で自分が信じられませんでした。

ステロイド系のこの薬。
苦しい時に何度も助けられて来たのに、今回のしんどさの最中に全く頭の中から抜け落ちていました。


これはまずい。
ものすごくまずい事態ではないでしょうか。

思考力と注意力が格段に下がっていると言わざるを得ません。

1日中ベッドから起きられないうちに、知的活動も鈍ってる!

体が重いし、しょうがないのんびりしようと思ったのが間違いだったのか。

そういえば、以前好んで見ていたドキュメンタリーも最近見ていません。
なんだか重い気分になるからです。

これはうつ病予備軍?
もしかして、鬱、危険レベル?


落ち着いて考えてみれば、そうなってもおかしくない状況ではあります。

悪性リンパ腫と、線維筋痛症の二重苦ですものね。

じぶんで思っていたのですがいた以上に、精神的ダメージが、あるのかも。

鉄の心臓の持ち主と自認していたのですが、自信過剰だったようです。


では、そんな私にできることとは何か。


今は痛くても、体が地に沈むような重みに逆らっても、生活リズムを変えることしか思い付きません。

しんどくてもベッドに逃げ込まず、ぼんやりせずに、とにかく何か行動する!
痛みを恐れない!


この場で宣言したのですから、まずは小さなことからでも始めるよう頑張ります。

わずかな文字数でも、このブログを更新していくとかも含めて。

そうすることが、重荷になるか、モチベーションとなるか。

今はわかりませんが、行動したい。
それだけは本心です。