空のいろ

本、映画、TVドラマの感想や、日々思ったことなどを書いてます

「Excel、Vlookupを使えますか」とよく聞かれます

2017.03.31.
深冬です。
派遣スタッフをしていました。
「どれくらいExcel使えますか?」
と派遣会社によく聞かれましたが、それと同時に、
「Vlookup、使えますか?」
とも聞かれます。

この関数を使えるかどうかは、もしかして「出来る人、出来ない人」の別れ目の一つなのでしょうか?
私はそうとも思えませんが、覚えておくと、「はい、大丈夫です。」と言えます。


関数なら、SumifやSumifs、IfとかIsna、Iserrorなんかの方が面白いし、お得だと思うんですが、少数意見でしょうか・・・。



さて、気分を変えて。
Vlookup関数を、ちょっとした空き時間に一度トライしてみませんか?



Excel関数 】

Vlookupは、範囲の左端列を検索し、指定した検索値と同じ行にあるセルにある値を返してきます。

例えば下の表なら、
B3セルに入力された数字を「検索値」とした式を、その隣のC3セルに入力します。
「検索値」に「8」と入れているので、返してくる値は「108」となるはずです。

f:id:yukifuruasa:20170331175008p:plain



1.C3セルに、Vlookup関数式を入れます。

   =v

と入力したら、次のようなプルダウンリストが出てきます。

f:id:yukifuruasa:20170331175140p:plain

 Vlookupを選択して、[Tab]をクリックしましょう

 すると今度は、引数のガイドが出てきます。

    検索値,範囲,列番号,[検索方法]

f:id:yukifuruasa:20170331175600p:plain

   検索値:ここでは、B3セルをクリックして、「,]を入力します。

   範囲 :表全体を範囲指定し「,]を入力します。

   列番号:範囲指定をした中で、左から何番目かを入力します。
       今回の場合、C列を検索します。
       Excel全体からみれば3列目ですが、
       範囲した表の中では、2列目なので、「2」と入力し「,]を入れます。



2.列番号と「,]を入力すると、「検索方法」について、下記のような表示が出ます。
  [FALSE-完全一致] を選択してください。

f:id:yukifuruasa:20170331175726p:plain


  [Tab]キーを押し、[Enter]キーを押下すると、完成です。


f:id:yukifuruasa:20170331180146p:plain


 [検索方法]には、必ず「False」と入力することをお勧めします。
 
 そうしないと、検査値「8」が無かった時、検査値より小さい値のうちの最大数を返してきます。
    
 「False」を入れておけば、「8」が無かった時、エラー値「#N/A」を返してくれます。
 
 「8」が、検索列の中に無いんだということが分かります。


 この「無い!!」とわかることは、時に大事です。
 
 活用して頂ければ幸いです。



追記:セルを絶対参照にするのもお勧めです。