空のいろ

本、映画、TVドラマの感想や、日々思ったことなどを書いてます

「シックスセンス」はもう一度見たくなる映画

2017.04.24.
深冬です。
26日(水)、BSジャパンで「シックス・センス」が放映されます。
初めて見る方は、録画をお勧めします。
もう一回見たくなるはずだから!

いろいろ語りたいけど、この映画を見た事のない人にはストーリーを黙っていたい。
そういう映画です。
見る前に仕入れる情報は、このブログにあるくらいにして、映画を楽しんでください。


シックス・センス」は、1999年に公開されました。
監督、M・ナイト・シャラマン。
主演、ブルース・ウィルス

主人公マルコム(ブルース・ウィルス)は小児精神科医。ある日、元患者ビンセントに、目の前で自殺をされてしまう。
一年たっても、マルコムは事件のショックから立ち直ることが出来ず、妻とも上手くいかなくなっていたが、コールという少年の診療をすることに。
コールは、家でも学校でも上手くやれずに孤立している。
距離を取ろうとするコールに、マルコムは根気よく接し、やがて彼の秘密を聞き出す。

こんな感じで始まるストーリーです。

コールが、自分の秘密を、お母さんに話してすれ違いを解消しようとするシーンは、どちらの気持ちにも共感できてしまいます。
涙をふくものが必要かも。

お勧めです。
ジャンルはホラーですので、苦手な方は、心の準備を。