空のいろ

本、映画、TVドラマの感想や、日々思ったことなどを書いてます

「君よ、走れ」と歌われるCM

2017.04.25.
深冬です。

最近、流れているCMの音楽に引っかかるものがあって、改めて画面をみると、スーツ姿で走っている若者。
知ってるはずの曲の気がすると思っていると、「君よ、走れ」のフレーズで、びっくり。
これ、機動戦士ガンダムのオープニングテーマだ。
上手に「ガンダム」という言葉を外し、熱血風な歌が、どこか気だるげというか、押さえがきいた曲調に編曲されて、歌手の方の落ち着いた声と相まって、すごくいい感じ。


機動戦士ガンダムは、1979年から1980年に放送されたアニメ。ファースト・ガンダムと呼ばれているらしい。
私がこのアニメをを知ったのは、まさに1979年。友人からでした。見始めた時は、すでにストーリーの導入部分は終わっていたのですが、それでも、いままでのアニメとは全く違うストーリーに、すっかり引きこまれてしまいました。
大人の事情で打ち切りになりましたが、これまた大人の事情でプラモデルが発売されると、これが大ヒット。
再放送が何度もされるようになりました。
これで私は見ていなかった最初の部分を埋めることが出来たのですが・・。

この1979-1980年は、「三年B組金八先生」の第一シーズンも放送されています。
私は、生徒役の彼らとは同い年なので、感動的なんだけど、問題意識も持たせてくれた番組でした。

またこの頃から、「飽食の時代」と呼ばれるようになり、私たちは「しらけ世代」と言われたなぁということもずるずると思い出しました。


その辺はともかく、あのCMの編曲は素敵だった。
ガンガン進めと言う感じの原曲とは全く違った、今の時代の気分を伝えているような気がします。


実は、私がさんざんガンダムを見ていたため、私の母もこのオープニングテーマが、刷り込まれてしまったようなのです。
疲れている時とか、嫌な事をしなくちゃいけない時とか、「立ち上がれ、立ちあがれ、立ちあがれ、ガンダム~」とか歌ってから、やらなくてはいけないことを始めてました。
「立ちあがれ」は二番の歌詞なんだけど、オープニングに出てたのかな。もしかして、私が無意識のうちに歌っていたのか?!

高度成長期を支えて来た父母の年代は、タフだなって思います。
わたしだったら、歌っても立ちあがれてないです。


そんなことを思い出させてくれたあのCM。
なんのCMだったんだろ。