空のいろ

本、映画、TVドラマの感想を書いてます。悪性リンパ腫になってしまいました

アガサ·クリスティ著「オリエント急行の殺人」、映画やドラマより先に読むのをお薦めします

2017.12.23.
深冬です。

この冬新たな映画「オリエント急行殺人事件」が公開されましたね。

ミステリー好きで、「オリエント急行殺人事件」ってどんな話か知らないなぁという方 !
それはとってもラッキーです。

ネタバレされる前に、アガサ·クリスティの「オリエント急行の殺人」を読んでみてください。
この話はとても有名なので、どこで比喩的に使われているかわかりません。ついうっかり犯人を知ってしまうという悲劇が、よく起こるのです。

かくいう私もその一人。
なので、映像作品しか見たことがなかったのですが、少々興味を引かれる事があり、原作である小説を読みました。

読後、強く思ったのは、「ネタバレされる前に小説を読みたかった!」です。

でも、犯人を知っていても興味深く読めます。
なんといってもポアロさんのキャラに、作者の容赦のなさを感じます。
かなり「痛い」です。
でも、そこが良い。

ストーリーはある意味、分かりやすいです。
事件後、乗客が一人ずつ証言していくかたちで進むからです。
どんな車輌で、どの部屋に誰がいたかの図面も出てきます。
作中、ポアロさんは人物リストや、疑問点リストを提示してくれます。
でもね·······


読んでみようと思われた方。

オリエント急行の殺人」は複数の出版社から出ていますが、ハヤカワ文庫の「クリスティ文庫」で読まれる方は、ご注意を。
アガサのお孫さんのメッセージ文が、本の一番最初に出て来ますが、これを読むとネタバレします
すっ飛ばして、即、小説へ行くことをお勧めします。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


映像作品は、1974年のイギリス映画が有名です。
が、これもネタバレスタートな気がするのは私だけでしょうか······。

デヴィッド·スーシェがポアロ役のイギリスのTVドラマでは、原作とは違う重みがありました。これは、ポアロ最後の事件へ向けて、ドラマのファイナルシーズン内での布石だったのかもしれません。

それに対して、肩の力を抜いて観ることができるのは、2015年にオンエアされた三谷幸喜さん脚本のTVドラマ。
二夜連続ということで、前後編構成でしたが、原作ストーリーは前編のみ。
後編は、犯人側の視点で事情が描かれるというオリジナル展開。
前編で、ポアロの滑稽さがやけに大袈裟で浮いてるなと思っていたのですが、後編を見て納得。三谷さんらしいユーモアあるストーリーでした。

映像作品の見比べもお時間があればいかがでしょう。



◼アガサクリスティの作品についての感想記事

アガサ・クリスティ著「パディントン発4時50分」で気になるのは、ルーシーの恋のゆくえ - 空のいろ

アガサ・クリスティ著「牧師館の殺人」。ミス・マープルは想像以上に好奇心旺盛だった - 空のいろ

本が苦手な人の味方は短編。アガサ・クリスティーの「火曜クラブ」はミス・マープルの短編集です。 - 空のいろ

「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティ著。 「兵隊人形」という言葉の行方 - 空のいろ